【限定5社-~令和4年2月25日金曜日18時締め切り】ウェブマーケティング研修+ウェブサイト制作-ホームページ制作で最大100万円の補助---小規模事業持続化補助金-低感染リスク型ビジネス枠

📒【限定5社 ~令和4å¹´2月25日(金)18時〆切】ウェブマーケティング研修+ウェブサイト制作/ホームページ制作で最大100万円の補助 – 小規模事業持続化補助金 低感染リスク型ビジネス枠

こんな方にオススメ

  • コロナ対策で新規事業を立ち上げたいがリスクは減らしたい
  • コストを抑えてウェブサイトを立ちあげたい
  • ウェブサイトでの集客方法を学びたい

新規事業を立ちあげたい、ウェブサイト制作/ホームページ制作も依頼したい

「コロナ禍でもビジネスを立ち上げたい」「ウェブで集客をするにはどうしたら良いのか」こんな声を多く伺います。新規事業やサービスの立ちあげに、今やウェブサイト/ホームページ制作は必須要件。コロナ禍でも、ネットでならば感染リスクを抑えて集客が出来ます。

「ウェブでの集客が出来れば、今まで出来なかったアプローチが出来るので新規事業としてもきっと安定するはず」

ウェブサイト制作/ホームページ制作は「実店舗の作成に同じ、集客にあらず」

…とは言っても「これから立ちあげようとする事業の設計」と「ウェブサイト制作/ホームページ制作をプロに依頼する」ことは、実は別な労力がかかります。もちろん「費用」も「時間」もかかります。

ここで大事なことが「ウェブサイト制作/ホームページ制作」は「実店舗を作ること」と同じだということです。「予算や資金の準備」「土地選び」「デザイン/設計」「施工」など様々な労力を経てはじめて開店にこぎつけますが、実はまだそこはスタートライン。「集客」はこれからなのです。

「ウェブサイト制作/ホームページ制作」も同様に「機能設計」「デザイン設計」からはじまり「ドメインの取得」「レンタルサーバーの契約」など多くの労力を経てリリース後に「リスティング広告などをはじめとしたウェブ広告」や「SEO」等のウェブマーケティングに関する仕掛けが必要になります。

「やっと店舗が出来たっ!」いえいえ、大変なのはこれから先の「集客」なのです。

ウェブサイト制作/ホームページ制作のその面倒、すべてお任せください

その「大変さ」を解決するために、今回は「ウェブマーケティング研修+ウェブサイト制作/ホームページ制作で最大100万円の補助」キャンペーンをご用意いたしました。

ECサイトやポータルサイトの運用を中心に「SEO」や「リスティング広告」のようなウェブマーケティングによる「インターネット集客」を展開してきた弊社ですのでホームページ制作/ウェブサイト制作だけでなく「どのようにしたら集客が出来るのか」を多くのお客様にお伝えしてきました。

作成したサイトを「作って終わり」ではなく、どのようにしたら「集客」「成約」「購買」に繋げるか、そしてさらに「継続して利用頂けるか」までを提案いたしております。

>>> ホームページ制作/ウェブサイト制作/動画制作事例はこちら

  • プロモーション動画制作事例---中古トラック販売業
  • プロモーション動画制作事例---ビジネス研修-コンサルティング業
  • ホームページ制作-ウェブサイト制作事例---ストレージサービスサイト
  • ホームページ制作ウェブサイト制作事例---レンタカーサービスサイト
  • ホームページ制作-ウェブサイト制作事例---ブランド買い取りサイト
  • ホームページ制作-ウェブサイト制作事例---特殊清掃-掃除サービスサイト
  • ホームページ制作-ウェブサイト制作事例---中古車販売店サイト

補助金を活用してホームページ制作/ウェブサイト制作 – 小規模事業持続化補助金 低感染リスク型ビジネス枠 ~令和4å¹´2月25日(金)18時〆切

今回はこれらの経験を活用して、さらに費用負担を減らせるよう「令和2年度第3次補正予算 小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>」を活用して最大経費の3/4(最高100万円)が補助となる取り組みをご提案いたします。今回は【限定5社のみ】とさせていただきます。

「令和2年度第3次補正予算 小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>」

補助対象となる事業は、ポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等に取り組み、感染拡大防止と事業継続を両立させるための対人接触機会の減少に資する前向きな投資を行う事業です。

「補助対象」

(1)小規模事業者であること

(2)資本金又は出資金が5億円以上の法人に直接又は間接に100%の株式を保有されていないこと(法人のみ)

(3)確定している(申告済みの)直近過去3年分の「各年」又は「各事業年度」の課税所得の年平均額が15億円を超えていないこと

(4)過去に持続化補助金(3類型)の採択を受けて、補助事業を実施した(している)者でないこと(共同申請の代表者、参画事業者の場合も含みます)。

(5)本補助金と「令和元年度補正予算 小規模事業者持続化補助金<一般型>」(上記(4)①を除く)において双方の採択を受けた事業者は、いずれかの補助事業の取下げ又は廃止を行わなければ補助金の交付を受けることができません(共同申請の代表者、参画事業者も含みます)。

(6)申請時に虚偽の内容を提出した事業者ではないこと

(7)「反社会的勢力排除に関する誓約事項」の「記」以下のいずれにも該当しない者であり、かつ、今後、補助事業の実施期間内・補助事業完了後も該当しないことを誓約すること

参考)「令和2年度第3次補正予算 小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>」公式サイト
「令和2年度第3次補正予算 小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>」
引用)「令和2年度第3次補正予算 小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>」

ちょっと気になっただけでも、お問い合わせは今すぐ!

書類準備や審査が必要なため、手続きには大変時間がかかります。締め切りまで時間が有りませんので、ぜひご興味をお持ちの方は下記よりお気軽にお問い合わせください。

RASHロゴ
RASHロゴ

今、考えている「それ」アイデアとITの力で実現しちゃいます。

「ウェブサイトを作成したい」「ウェブサイトで集客をする方法を知りたい」方はぜひ、お問い合わせください。

原則1営業日以内にご回答いたします。なお、お急ぎの場合は050-5308-3540(月~金 10:00~19:00 / 土日祝休)までお気軽にご連絡ください。

>>>その他の記事はこちら「ビジネスノート」

>>>制作事例/導入事例はこちら「制作事例/導入事例」

関連記事